プロフィール

雨朱鷺

Author:雨朱鷺
SaraGvGPressへようこそ。

FC2カウンター

アクセス数
無料カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Ragnarok Online Sara Server GvG Press
日本ラグナロクオンラインのSaraサーバーのGvGの速報や現状、参加者の声をお届けしていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[敷紙]戦術04 -こじ開け-
戦術紹介 第4回となります。
どこかで見た、討論した、提案したい、さまざまな戦術を記憶から掘り起こして
書いていきます。

まずは前回の記事を読んでいただいた皆様に感謝を。
コメントへの返信をしたいと思います。

>【2007/01/18 15:23】 | - # [ 編集]
確かにプログラマの意図したものと違う結果が出た可能性が高いので、これから
バグ利用の扱いを受ける可能性の高い戦術ですね。
今のところ運営側の見解が出ていない、不具合確認中にすらなっていない、
あくまで可能性が高いだけ、なので使用に関しては各ギルドの見解次第だと思われます。
怪しい物は使わない、完全に正々堂々とやるというスタンスは見てて気持ちのいいもの
ですし、個人的にはそのほうが楽しいと思います。
ですが、自分たちは使用しないとしても、相手が使用して来ないとは限りません。
知っていれば対策を考えることも、執ることもできます。
知識に是非はありません、使用に関して是非があるだけなので、掲載すること自体
に問題はないかと思われますが、どうでしょうか。

>【2007/01/19 14:38】 URL | らすてぃ #mQop/nM. [ 編集]
PT編成はプリが一人しかいないのが難点ですけどね。
献身がいると乱戦時の粘り具合も段違いになる素敵な職なので、VIT前衛以外の
全てのPTに入れたいぐらいですね。
確かにPTメンバーにしか効果がないということを知らない人は多いですね。
加筆修正いたしました。
個人的には、PTにはPTリーダーが要請を出さないと入れないので、
知識のある人をリーダーにすれば問題ないかと思います。

>【2007/01/19 15:47】 | - # [ 編集]
WPスクリームはWP移動時の暗転中にスキルが発動することにより
ロキの叫びの効果を無視してスキル発動ができてしまうことに問題があり、
ジーク移しは一旦スキル発動をしてからWPに入り移動していて、
ロキの叫びの効果を無視しているわけではないので、異なるものです。
BOTNEWSを検索してみましたが、WPジークに関して書かれている記事は
http://blog.livedoor.jp/botbokumetu/archives/50428320.html
上記のものしか見つからず、WPジーク自体はバグ扱いされておりません。
BOTNEWSはあまり見ておらず、検索不足である可能性もあるので
もし差し支えがなければバグ扱いを明記している記事のURLをお教えください。

それでは第4回の戦術「こじ開け」を紹介したいと思います。
パラディンのスキル「ゴスペル」のステータス+20効果の登場で無詠唱が可能になり、
ステータスUP料理の登場で現実味が増した戦術です。

こちらも転生が来てから登場した戦術なので比較的新しいものですね。

概要:ロキを飛び越えてLPを展開し、無理矢理防衛ラインを切り開く。

速度変化POT、カイトカウプの登場によってロキ外に出ること自体は難しくなくなった
ので、こちらもそれらによって有効度の増した戦術ですね。
LPを展開することが前提なので、決まればそのまま落城・制圧まで持っていくことが
できます。

まずはキーとなるセージ系の動きから。
ディスペルされると無詠唱不可能になってしまうので囮役を2、3人用意するといいです。

【無詠唱可能LP持ちセージ系】
カイトカウプ、できればカアヒと支援一式を貰いゴスペル待機し、
ステータスUPが来たら指揮者に伝え突撃合図を出してもらいましょう。
突入合図後、前衛より少し遅れて中に入り、ディスペルを狙われる前に速度変化Pで
一気にロキ外に出てWP方向にLPを展開してください。
無事展開ができたらとにかく生き残ることのみを優先しましょう。

続いて各職の動きの目安を説明したいと思います。
各職によってタイミングをずらしたほうがいい第1回のロキ落としとは違い、
こちらは全員がほぼ同タイミングで入る方がいいでしょう。
LP展開が前提となりますので、第1回のロキ落としからLPを展開した後の動きの
目安とも言えます。

【騎士・ブラックスミス】
AGI型もVIT型も積極的に大魔法地帯を抜けてWiz陣に向かい、
状態異常や範囲攻撃でのプレッシャーを与え続けましょう。
VITのないAGI型もアシッドデモンストレーションの的になることで、
味方の被害を最小限に減らすことができるので積極的に抜けてください。

【アサシン】
LP返し役に張り付いて自由に行動させないようにしましょう。
石化や睡眠が来ることが多いのでイビルドルイド鎧とナイトメア兜がおすすめです。
すでに3、4人張り付いている場合は、クローキング・ハイディングを駆使して
エンペを目指してプレッシャーを与えましょう。

【拳聖】
跳び蹴りでカイトカウプ、各魂を消して回ります。
また、高飛びでWiz陣にいるセージ系に張り付いて自由に行動させなくするのも
おすすめです。

【ロードナイト】
バーサクを使用できる人はVIT型・AGI型に関わらずLP返し役に殺到しましょう。
また、威力重視のスパイラルピアースができてブラギに乗れる人はWizや弓手を狙うか、
騎士と同じ動きをしましょう。

【アサシンクロス】
基本はアサシンと同じ行動をしてください。
メテオアサルトを持っている場合はWiz陣に紛れてメテオアサルトを連打しましょう。

【ホワイトスミス】
メルトダウンを使用できる人は積極的に装備破壊を狙いましょう。
それ以外はブラックスミスと同じ行動です。

【アルケミスト】
鎧を破壊できるアシッドテラーが効果的です。
また、バイオプラントを使用できる人はLP上に展開しましょう。
HPの減っている人を見つけたらポーションピッチャーで支援をしましょう。

【クリエイター】
LP返し役>プロフェッサー>セージ>ダンサー≧ジプシー>クルセイダー≧パラディン
>ローグ≧チェイサー>ロキ役>その他
の優先度でアシッドデモンストレーションを投げましょう。
ジプシーよりもダンサー、パラディンよりもクルセイダー、チェイサーよりもローグが
優先なのはHP係数の関係上です。
アシッドデモンストレーションがない場合はアルケミストと同じ行動をしましょう。

【モンク・チャンピオン】
ロキ役>クリエイター>モンク・チャンピオン>セージ・プロフェッサー
>ダンサー・ジプシー>ローグ・チェイサー>その他
の優先度で阿修羅を打ち込みましょう。

【ダンサー・ジプシー】
とにかくスクリームを連打してVITの低い職を無力化させましょう。

【バード・クラウン】
味方密集地帯にブラギを展開しましょう。
すでにブラギが展開されている場合はとにかくジョークを連打しましょう。

【脱衣ローグ・チェイサー】
モンク・チャンプの武器脱衣を最優先で狙います。
終わったら前衛系の武器脱衣、味方にバード・クラウンが多い場合は
鎧脱衣で無力化を狙います。

【セージ】
モンク・チャンピオンにディスペルをして爆裂状態を消去しましょう。
Wizに向かってスペルブレイカーをしましょう。
最初にLPを展開した人は集中砲火を浴びるのでLP展開を常に意識しましょう。

【プロフェッサー】
モンク・チャンピオンにディスペル、ソウルバーン、ソウルチェンジなどで爆裂消去、
SPダメージを狙いましょう。
ウォールオブフォグを展開して味方への被害を抑えましょう。
Wizに向かってスペルブレイカーをしましょう。
最初にLPを展開した人は集中砲火を浴びるのでLP展開を常に意識しましょう。

【ハンター】
Wiz陣に向かってダブルストレイフィングや状態異常アローシャワーをしましょう。

【スナイパー】
ウインドウォークを持っている人はかけて味方の足を速めましょう。
Wiz陣に向かってダブルストレイフィングやシャープシューティング、
状態異常アローシャワー、盾を持って手動ファルコンアサルトなどをしましょう。

【ウィザード・ハイウィザード】
ガンバンテインを持っている人はWiz陣のLPに穴を開けましょう。
それ以外の人はとにかく大魔法を通すことに専念しましょう。
イビルドルイド鎧があるとプロボック・石化による詠唱妨害がなくなるのでおすすめです。

【クルセイダー】
味方Wiz系・モンク系に献身をかけて詠唱妨害を防ぎましょう。
献身がない場合はシールドチャージや状態異常シールドブーメラン、
密集地帯にグランドクロスなどをしましょう。

【パラディン】
プレッシャーを持っている人はとにかくモンク・チャンピオンにプレッシャーを連打しましょう。
プレッシャーがない人はクルセイダーと同じ行動をしましょう。

【ガンスリンガー】
Wiz陣へ行ってデスペラードを。
ない場合はWiz系・ハンター系などの耐久力の低い職を狙ってトラッキングや
フルバスターをしましょう。

【忍者】
密集地帯に火炎陣、または風魔手裏剣投げを。
または氷柱落としでカイト・カウプ消去を狙ってもいいでしょう。

【ソウルリンカー】
とにかく魂・カイトカウプのかけ直しをして味方の被害を抑えましょう。
また、高Lvカアヒを持っている場合は相手モンク・チャンピオンにかけてSP枯渇を
狙うことができます。
相手モンク・チャンピオンが死にづらくなるので状況を見て判断しましょう。

【プリースト・ハイプリースト】
各支援のかけ直しを。詳しくはmemeさんの連載を参照してください。

以上、かなり簡単にですが各職の動き方の目安を書き連ねてみました。
続いてメリット・デメリットを。

[メリット]
・EMCがない同盟・ギルドでも使用可能。
・落城よりも制圧しての遅延にもって行ける場合が多い。
・防衛相手によっての細かい修正がしやすい。
・V3などのロキ役がWPから離れている場所でも使用できる。
・安定した攻めが可能。

[デメリット]
・ロキが2枚展開されている防衛ラインでは使用できない。
・満遍なく職が揃っていないと使用できない。
・装備やLv、スキルの依存度が高い。
・ゴスペル効果がランダムなので突入サイクルが長くなりがち。
・ディスペル・アシッドデモンストレーションで徹底マークされると使用できない。

使用条件のハードルが高い戦術ですが、決まれば威力は抜群です。
他戦術と併用して奇襲的に使用すると決まりやすいと思われます。

次回はEMCを活用しての強力な攻めである「アスムEMC」を紹介します。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://saragvg.blog76.fc2.com/tb.php/68-279a3cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。