プロフィール

雨朱鷺

Author:雨朱鷺
SaraGvGPressへようこそ。

FC2カウンター

アクセス数
無料カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Ragnarok Online Sara Server GvG Press
日本ラグナロクオンラインのSaraサーバーのGvGの速報や現状、参加者の声をお届けしていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雨朱鷺]RJC考察 -職業編-
リアルで爆笑しすぎた雨朱鷺です、こんにちわ。
UNOを使ったオリジナルのゲームが面白すぎます。どうでもいいですねはい。

ガンホーは昨日、RJC2007の開催を発表しました。
04年にRWC(Ragnarok World Championship)が開催され、
RJC(Ragnarok Japan Championship)は05年からで、今年で3回目となります。

SaraGvGPressでは、SaraからRJCに出場するギルドを応援すると共に、
決勝トーナメントの映像を見たり、自分自身出場した経験を元に、分析した戦術や
考察記事を、これから開幕まで何度かお伝え出来たらと思っています。

第1回の今回は、職の選定です。

まずは、RJCの出場メンバーに関するルールを簡単に説明すると。

1.1試合毎に出場出来るメンバーは7人まで。
2.エントリーは10名まで出来、全2次職、全転生2次職、スーパーノービスが選択可能。
 忍者・ガンスリンガーは使用不可。
3.転生2次職は5人までエントリーが可能ですが、試合に出場出来るのは1試合に2人まで。
4.同じ職業の重複は4人までエントリー可能ですが、同じ職業が同時に試合に出場する事は出来ない。
5.レベルは、2次職は95/50、転生2次職は85/60、スーパーノービスは99/99。
6.試合毎に出場メンバーを入れ替える事が可能。

とまぁ、こういった感じです。
このルール内でメンバーを選出し、出場しなければなりません。
各職業の必要性は下記の通り。
独断と偏見たっぷりなので、若干偏った考察になるかもしれません。

【必要性】
◎:必須。この職がいなければ始まりません。
○:戦力として活躍が期待出来ます。
△:不必要とまでは行きませんが、あまり活躍が期待出来ません。
×:この職業で出場するなら、他の職業を出すべき。

△ナイト
△ロードナイト

GvGでは必須となる特攻隊長ですが、RJCでは必要性が若干薄いかもしれません。
理由としては、防衛ラインのような物はなく、こじ開ける必要性がないためと、
ハッキリ言ってしまうと阿修羅&ADSゲーなので、Vit型でも隙あらば一瞬でサヨウナラなので。
出場したとしても、状態異常槍を持って敵LP上でBdsを連打するか、
プロボックで相手Wizを妨害するしかないと思われます。
面白い策としては、ソウルリンカーがPTにいる場合、ナイトの魂をかけてワンハンドクイッケンを使用し、
状態異常ブレイドとゴーストリング服、タラミラーを装備して相手Wizに粘着する事でしょうか。
ただし、ゴーストリングカードが1M(*1)である事を考えるとTOMいですし、
万が一相手のWizがペスト服などを着ているとあぼんさせられます。
ゴーストリング以外の服でこれやると相手の阿修羅の餌になるだけなので止めましょう。

◎クルセイダー
○パラディン

RJCでは献身が光ります。決勝トーナメントに進出したギルドには、ほぼ献身がいました。
役割としては、とにかく献身。Wizとプロフェッサー、バードには献身が必須となります。
モンクも自陣地内にいるならなるべくかける事。クリエイターには余裕があれば。
そして、状態異常武器を装備してのシールドブーメランも活躍します。
例えばモンクはほぼ全てがS≧D>IorVのため、Vitが低く、沈黙やスタンにかかりやすいです。
そのため、メタルラカードやサベージベベカード4枚のブレイドを装備し、
集中的に粘着するのもいいかもしれません。余裕があれば味方にキュアーやヒールも。
パラディンで出場してSdCnで火力になるのもいいかもしれませんが、
SdCn用のステータスにすると献身が弱くなる上に、シーズモードのため詠唱妨害されるため、
ブラギがあってもあまり実用的ではありません。

×アサシン
△アサシンクロス

決勝トーナメントに出場したチームでは、全てのチームにアサシンはいませんでした。
RJCは相手に接近させる、相手に接近する事がほぼないと言っても過言ではないため、活躍は期待しにくいです。
しかし、財布へのダメージを気にしなければ、アサシンクロスは活躍が期待出来ます。
ブラギに乗ってのコンバットナイフや錐でのSBrは相手の牽制には非常に効果がありますし、
LP上で行動するのが主になるため、ニューマが置けないのでほぼ100%Hitします。
また、血ロアを装備して、EDPグリムやSBで相手に致命傷を与える事も。特にモンク潰しには最適です。
移動もクローキングLv3以上で上手くSGを避けつつ(大回りすると効果的)、
相手の裏側から相手陣地へ入り、相手LP上でEDP→ブラギをお借りしてSBSBSBS。
ただ、毒瓶と血ロアの値段を考えたり(*1)、状態異常鎧(ペストなど)の効果で動けなくなったりすると、
阿修羅で乙るため、あまり実用的ではないですね。

×ローグ
△チェイサー

こちらもどこのギルドでもあまり採用されていませんでした。
クローズコンファインがあるため、自陣内に来たモンクを足止めする事は出来るかもしれません。
が、相手がハイド装備持ってたらそこで終わりです。
チェイサーで出場し、チェイスウォーク→フルストリップは効果的ですが、
転生の枠を1つ使う事になりますし、相手がコーティングしていたら、
諦めなくてもそこで試合終了です。安西先生も出番なし。
完全に買い物キャラとして、コンパルジョンディスカウントを取得してお財布係りというのはアリかも?

×ハンター
△スナイパー

シーズモードが適用されているため、ハンターだと火力が期待出来ません。
状態異常弓ASは相手の牽制には効果がありますが、状態異常矢がないため、効果が期待出来ず。
スナイパーなら、ブラギに乗りつつバセラルドを装備してのファルコンアサルトが光ります。
自陣内に来た相手に通常攻撃やDSで粘着し、相手陣内に戻れなくするのも効果的です。
罠はRJCという試合形式の特性上、あまり出番はないです。

◎バード
○クラウン

とにかくブラギ。1にも2にもブラギ。暇を使っての寒いジョークも効果的です。
意外にアンフロを着ていない人も多いため、LP上でSG当たらなくて安心してる相手の牽制に是非。
クラウンで私を縛らないでを取り、ArVで牽制したり、運命のタロットカードを使うのも効果的か?
腕に自身があるならば、イドゥンの林檎なども効果的です。
ソウルリンカーもいるならば、S4Uなども是非。

△ダンサー
△ジプシー

役割があるとすれば、S4Uや魂を貰ってのブラギなどですが、
それなら素直にバードで出ましょう。素直に生きていて損はありません。たぶん。
ただし、スクリームが意外に効果的だったりします。事実、スクリームを多用し、
相手の意表を尽き、決勝トーナメントで勝ち進んだギルドもあります。
ADSや錐を警戒し、Vitが若干低めになる事が今大会では予想されるため、より効果的になるかも?
しかし、大会ルールで、PTシステムが若干特殊(*2)になっているため、スクリーム用にPTから脱退すると、
その試合中はPTに戻る事が出来ないのが若干厳しいかもしれません。

◎ウィザード
○ハイウィザード

ウィザードとして出場するならば、SGでの牽制をしつつ、隙のある相手にJT、FBなど。
相手を追い詰めた時(*3)にQMやFWをすると、相当嫌がらせ出来ます。
ハイウィザードの場合、ガンバンテインが光ります。
ブラギに乗ってSGを撃ち、直後に相手の足元のどこかにガンバンテイン。
これでほぼSGはHitしますが、2~3発当たればいいな程度なので、牽制にしかならないかも。
AMPSGで上記テクが成功すれば、低Vit職ならば沈められるかもしれませんが。

△セージ
◎プロフェッサー

セージを出すならば、プロフェッサーを出すべきでしょう。
役割としてはLP。何があってもLP。とにかくLP。何度も何度も敷きなおし。
100%断言出来るのは、LPないと決勝Tまで進めません。予選は勝ち抜けるかもしれませんが。
そして隙を見つけては生命力変換やソウルチェンジを使用して、モンクなどにSP譲渡を。
特に阿修羅モンクがPTにいる場合、プロフェッサーの存在は必須です。
ソウルバーンも一時的な相手の無力化に効果がありますが、相手にも教授がいる場合は時間稼ぎ程度。
MBrは相手のWiz以外にかければ、SGがHitした際に致命傷を与えられます。
自分のPTMには使えるかどうか不明(*4)ですので、作戦には組み込まない方がいいでしょう。
また、スパイダーウェブによる相手の足止めも効果的ですし、
相手を追い詰めた時(*2)に蜘蛛→SCによる足止めも効果的。
LPでの補助を徹底しつつ、隙あらば相手を牽制。これ最強です。

◎プリースト
△ハイプリースト

ハイプリーストスキルはシーズモードではほぼ使用出来ないため、プリーストで出場で十分です。
あえてハイプリで出る利点としては、メディタを使用してInt&Dexを上げられる事でしょうか。
役割としては、全員にブレス、キリエを回す事と、リカバリーの徹底など。
突撃前、余裕がある時はマニピ・グロ・エンジェも。
通常のGvGとほぼ役割が変わらないので、memeさんの寄稿記事を読むと役立ちます。
また、HLで相手のキリエを削るのもいいですし、ソウルリンカーがいるならば、
ブラギに乗っての威力5倍HLはかなりの脅威になります。

◎モンク
×チャンピオン

RJCで最も重要となる火力。勝ち進めるかは阿修羅モンクの腕次第と言っても過言ではありません。
如何に相手の隙を見出して阿修羅を打ち込めるか。相手の要職を落とせるか。
理想としては、教授>モンクorクリエ>その他の優先順位で落とすといいでしょう。
RJCは特設ワールドで行われるため、ラグはほぼ皆無なため、サイトクリップを持つとよりGood。
ルアフでも十分ですが、Dex次第では範囲外に逃げられてハイディングされます。
昨年優勝のLokiサーバーの[Cafeteria]のモンクで光った戦術は、
開戦と同時に残影でステージ中央まで一気に進み、ハイディング。
そして自分達の陣取るエリアをわざと中央よりも後方よりにして相手を中央付近まで釣り、
近づいて来た隙だらけの相手に阿修羅を打ち込む、という戦術。
アニバーサリーパッケージ付属のDVDにこの映像が収録されているため、
今大会は対策が敷かれるでしょうが、成功すればこの上ない効果的な打撃を与えられます。
最初に書いた通り、勝ち進めるか否かはモンクの腕にかかっていると言っても過言ではありません。
チャンピオンで出る利点は練気孔程度なので、ブラギがあるならモンクで十分です。

×ブラックスミス
×ホワイトスミス

ディスカウントが効果的ですが、ケミやクリエのが試合では活躍が期待出来ます。
HFもLP上では無効となるため、試合ではアドレナリンラッシュ程度しかやる事がありませんが、
Aspdはあまり必要になって来ないため、出番はほぼなしか。
WSならばカートターミネーションがありますが、Zenyに制限がある(*1)ため、連打は出来ず。
出番はほぼないと言って過言ではないでしょう。

△アルケミスト
◎クリエイター

ケミを出すならば、クリエを出すべきでしょう。クリエイターはモンクに次いで重要な役割を担います。
ADSはかなりの脅威になります。しかし、1発60k(火炎瓶30k+塩酸30k)かかるため、ご利用は計画的に。
役割としては、試合開始寸前にフルコート。そしてプラントでの相手の牽制。
そして何より、LP上のニューマを置けない事と、
ブラギがあるならば詠唱ディレイカットされて連打出来る事を利用してのADS襲撃。
ダンサー・ジプシーの項で書いた通り、今回は警戒してVitを下げてくる事も考えられますが、
相手の装備破壊の効果もあるため、使って損はなし。
阿修羅や相手のADSの標的になりやすいため、ゴス服装備や献身が非常に効果的です。
なお、ホムンクルスは使用出来ません。念のため。

△拳聖
今大会から初参戦となる職業のため、完全に予想で考察しなければならないわけですが。
状態異常ブックを持つか、スパート状態で落法onにし、
相手にティオアプチャギ。とにかく飛び蹴り。相当ウザいです。きっと。
ただ、カイトなどのソウルリンカーのカ系スキルが実質使えないに等しいため、
魂などを消す、という役割での出番はまずないです。

○ソウルリンカー
魂スキルを活かせるならば、活躍の場があるかもしれません。
例えばウィザードの魂を使用して、相手陣地LP周辺にSWを撒く。
これにより、相手はニューマを使いづらくなり、ADSやFAが綺麗に決まりやすくなります。
しかし、阿修羅回避のチャンスも同時に与えてしまうため、実用性はないです。
えぇ、正直思いつきで書いただけです。すいません。
他には上述のプリーストの魂によるHL強化など。
ソウルリンカーの魂は自分にかける事が出来ないため、全てのカ系スキルは自分にしか使えません。
公式より引用。
結婚・養子システムは利用できません。そのため、ソウルリンカーの「カ」系のスキルは、
基本的にエントリーしたソウルリンカー本人にのみ使用可能です。
(対戦者から魂スキルを使用された場合には使用できます。)

対戦相手がソウルリンカーの魂をかけてくる状況など想像不可能ですガンホーさん。
このため、Wizのカイト対策となる水晶のかけらの値段(10k)もあり、
大抵のギルドはカイト対策が甘くなっている事が予想されます。
自分にカイトをかけて、わざと相手のSGなどにHitしに行くのはかなり効果的でしょう。
また、エスクでプラントを強化する事も出来るため、重要性は意外に高いかもしれません。

△スーパーノービス
不死状態のままで99/99となっているため、全ステータス+15が適用されています。
そのため、無詠唱が可能になり、ブラギに乗るとディレイなしでボルトを連打出来ます。
公式より引用。
スーパーノービスの職業特性である「戦闘不能履歴のない場合、全ステータス加重値+15」も反映されますが、各試合で戦闘不能となった場合には、特性は失われます。
この場合、以降の試合でも特性は失われ続けます。

とありますが、試合のない時間でもワールドにログインする事は可能なので、
ソウルリンカーでスーパーノービスの魂を取り、天使が現れるまで根気よくソウルリンクし続ければ、
再び不死ボーナスを復活させられます。
他のギルドと一味違った戦術を見出したいギルドにはオススメ?

*1:ギルドに支給される金額は予選トーナメントを通して20Mzのみ。
  勝ち抜いて行っても金額は増えないため、消耗品などの節約が必要。
  決勝トーナメントに進めば、全てのアイテムをリセットされて、再び20Mz支給。
*2:試合開始前にエントリーメンバーを進行要因のゲームマスター(以下GM)が確認し、
  GMがPTリーダーとなりPTを配布。試合前にGMが抜けるため、
  脱退してしまった場合、その試合中戻るのは不可。
*3:基本的に相手のLP要因とモンクを落とせれば追い詰めたと言って過言ではありません。
*4:05年大会ではギルドマスターに加入・処罰権限がありましたが、
  大会ルールが改正されている可能性があるので、出来るとは断言出来ません。

とまぁ、こんな感じでしょう。
戦術によってパーティーは変わって来るでしょうが、
私が個人的にベストメンバーを考えるとすれば、こんな感じでしょうか。

【レギュラー】
クルセイダー
モンク
バード
ウィザード
プリースト
プロフェッサー
クリエイター


【控え】
ダンサー
ソウルリンカー
スーパーノービス

レギュラーメンバーは最もベターなパターン。控えは特殊な構成にしてみました。
控えにスナイパーを入れてみようとも思いましたが、プロフェッサーもクリエイターも外せないため除外。
控えの選定理由は上の説明で。

ここに書いた事は全て一般的な戦術などに基づいて書いているため、
新しい戦術などが発案されて、各職の重要性が変動するかもしれませんね。

第2回があるかどうかはわかりませんが、今回はここまで。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント
構成
おそらくそれで間違いないと思います。
Cafeteriaの人もそんなことを言っていました。
クリエイターを使わずに優勝しておきながら
「クリエイターを入れるべきだった」と言っていたくらいなので、
よほどクリエイターが強いのでしょう。

なお、昨年のCafeteriaの戦術には穴があり、
クリエイターが敵陣まで突っ込んでアシデモを投げまくったら
対処のしようがなかったのだそうです。
【2007/01/26 19:21】 URL | Seak #RSsckkEQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://saragvg.blog76.fc2.com/tb.php/59-b555423a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。