プロフィール

雨朱鷺

Author:雨朱鷺
SaraGvGPressへようこそ。

FC2カウンター

アクセス数
無料カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Ragnarok Online Sara Server GvG Press
日本ラグナロクオンラインのSaraサーバーのGvGの速報や現状、参加者の声をお届けしていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[敷紙]戦術03 -ジーク移し-
お久しぶりです。年末年始完全にさぼっていましたごめんなさい。
戦術紹介 第3回となります。
どこかで見た、討論した、提案したい、さまざまな戦術を記憶から掘り起こして
書いていきます。

まずは前回の記事を読んでいただいた皆様に感謝を。
コメントの返信をいたしたいと思います。

【2006/12/27 00:54】 | - # [ 編集]
ご指摘ありがとうございます。
確かに一人で大量の相手を一時的に無力化できるダンサー・ジプシーは脅威ですね。
失念しておりました。
加筆修正いたしました。

【2006/12/27 17:27】 | - # [ 編集]
情報提供ありがとうございます。
自分自身調べきれてない部分も多いので非常に助かりました。
こちらも加筆修正いたしました。

それでは第3回の戦術「ジーク移し」を紹介したいと思います。
クラウン・ジプシーのスキル「私を縛らないで」の登場によって考案された攻め方です。
転生が来てから出始めた型なので比較的新しいものですね。

使用に関しては是非もありますが、知っておいて損はないかと思いますので
紹介いたします。

概要:合奏スキル「不死身のジークフリード」を相手の防衛ラインに移動させて
味方の被害を減らす。

防衛時の最も根幹となる大魔法火力を大幅に減少でき、かなり安定した攻めが
できるようになります。
まずはやり方から。

(1)クラウン・ジプシーがいる場合。
 [1]ジークを防衛ライン前のWPに被るようにクラウン、またはジプシーが発動。
 [2]クラウン、またはジプシーが私を縛らないでを使用し、そのままWPに入って行く。

(2)クラウン・ジプシーがいない場合。
 [1]フリルドラ外套を装備し、ジーク発動予定者がクローキングをしながら
 防衛ライン前のWP上に待機。
 [2]協奏者が発動予定者に隣接。
 [3]発動予定者がジークを発動。

この2通りの方法で防衛ライン側までジークを移動することができます。
なお、発動者自身にはジークの効果がかからないため、2セット用意しないと
すぐにスキル中断させられてしまいます。

なお、発動者自身とPT外にはジークの効果がかからないため、
同じPTに2セット用意しないとすぐにスキル中断させられてしまいます。

次にジークの効果がかかるPTメンバーに推奨の装備を紹介します。

(1)イビルドルイド鎧
ジークがかかると強制的に最終的な状態異常耐性がジークの数値になるため、
マルク鎧では凍結を防げなくなりますので、できるだけ装備しましょう。

(2)ダークフレーム鎧、INTが77以上の場合はペスト鎧
イビルドルイド鎧がない場合はこれを装備しましょう。
魔法ダメージは極端に減るので、これで物理ダメージを無力化して行きます。
睡眠もかなり効果は高いですが、INTの高いクリエイターや、ナイトメア兜を
装備している相手には通じないのでこちらをお勧めします。

(3)マルス外套
イビルドルイド鎧がない場合はこれを装備しましょう。
ジークの合奏平均Lvが3以上の場合、水属性でのダメージが0になるので
ストームガストによる凍結を防げるようになります。

(4)ジャック外套
イビルドルイド鎧がある場合はこれを装備しましょう。
ジークの合奏平均Lvが3以上の場合、火属性でのダメージが0になるので
メテオストームによるスタンを防げるようになります。

(5)レイドリック外套
イビルドルイド鎧があって、スタンも怖くない人はこれを装備しましょう。
ジークの効果によって属性武器を装備した攻撃によるダメージが極端に減るので、
無属性攻撃のダメージを減らすことによって即死を防ぐことができます。

PT編成はバード系・ダンサー系が4人固定なので残り8人を編成することになります。
用意できるのが1PTのみの場合、残り8名は
EDP使用可能アサシンクロス×2
LP持ちセージ系×1
ウィザード系×2
献身持ちクルセイダー系×1
ゴスペル持ちパラディン×1
プリースト系×1
あたりがお勧めです。

各職の動きの目安は第1回の「ロキ崩し」と同じですので、そちらを参照してください。

最後にこの型のメリット・デメリットを。

[メリット]
・魔法の火力が高い防衛に対して非常に有効。
・安定した攻めが可能。
・2PCのバード系、ダンサー系を有効活用できる。
・ロキ役がかなり離れた場所にいたり2セットあったりしても無理矢理
 崩すことが可能。
・ロキの張り直しを待ちやすい。

[デメリット]
・大量のバード系・ダンサー系が必要。
・装備やスキルの依存度が高い。
・ジョーク・スクリームを使用した方が効果が高い場合がある。
・攻め準備に時間がかかる。
・クラウンまたはジプシーがいない場合は防衛側からの妨害を受けやすい。

使用条件のハードルが高い戦術ですが、使用できればその威力と安定度は抜群です。
ただし、デメリットにもあるように決して万能なわけではないので、
防衛側の状況を見て使用するかどうかを判断しましょう。

次回は無詠唱LPを主軸にした「こじ開け」を紹介します。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/18 15:23】 | # [ 編集]


さすが敷紙さん。
献身クルセが入ってるあたりなんか、ロキ破壊後の献身SGや防衛時のロキを守る事まで考えてあってイイ編成ですねb

LPが出ても防衛側のBBやBdSなどの範囲攻撃の密度が高いとWizでは耐えられない事も結構ありますし、味方の損害を抑えつつ制圧・進行していく上でも献身の存在はとても大事だと思います。

@ジークの効果は他の合奏と違って、「PTメンバーのみ」なので、付け加えておいたほうが良いんじゃないかな?
間違って入っちゃう人も結構いるので、使用する際はメンバーへの通達も大事だと思います;;
【2007/01/19 14:38】 URL | らすてぃ #mQop/nM. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/19 15:47】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://saragvg.blog76.fc2.com/tb.php/53-9e87df36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。