プロフィール

雨朱鷺

Author:雨朱鷺
SaraGvGPressへようこそ。

FC2カウンター

アクセス数
無料カウンター

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Ragnarok Online Sara Server GvG Press
日本ラグナロクオンラインのSaraサーバーのGvGの速報や現状、参加者の声をお届けしていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ROF.]レーサー考察その1 -タイプとスタイル-
こんにちは、ROF.と申します。初めての皆様初めまして。

この記事ではGvGに参加しているギルドの中でもレーサーについての考察、
つまりはレーサーに必要な基本的な動き・職・装備・スキルなどを、
レースに参加してる者の観点から、数回に分けて書いていこうと思います。

レースというのも状況や規模によってすべきことが微妙に違ってきます。
この辺は普通の攻城戦にも通ずる部分があるのかもしれません。

またあくまでこの記事は1レーサーとしての考えを纏めたものです。
こういう考え方もあるんだという、参考として読んでいただけると嬉しいです。

このサイトをご覧の皆様はすでに知っている方もいらっしゃるでしょうが、
レースとはなんぞや?レースってどういう形があるの?
という基本的なところから書いていきたいと思います。
また、レースで使われるような単語を文末に説明を補足しておきます。

まず第一回目は「レースのタイプとレースギルドのスタイル」を紹介いたします。
しばしの間お付き合いくださいませ。

現状、レーサーは『GvGにおいて落城回数を競う』ギルドのことを指します。

転生実装前のレースでは回数にそこまでの大きな差はなく、
どの有名レーサーでもプチ防衛をしたりとかする可能性もおおいにありました。
これはエンペ周辺にいるのがアタッカーだけという状況が少なかったのと、
落城時間も現在に比べて長くかかったからです。

現在ではこれらの状況も変わり、落城数も飛躍的に伸びています。
昔に比べて職によっての役割が明確になったことで、その動き方も変わりました。
また『レーサーの強さ=落城数』というような意識が生まれたことにより、
レーサーは回数主義へと移っていったと思われます。

これらをふまえ、レースのタイプとしては以下のようなものが考えられます。
(型の名前は、言いやすいように個人的につけた名前です。)

【純レース砦型】
その砦が防衛に比較的不向きであるような砦でのレース。
基本的には開幕からレースが開始されていることが多く、レースギルドが最も多く集まる。
有名レーサーが多く集まるため、大手同盟でもレースを止められないことがある。

【放棄砦レース型】
前節においてその砦を占領したギルド(同盟)が開幕防衛をしない砦においてのレース。
回数を稼ぎたかったり、名前を流したかったりするレーサーが集まっていることが多い。
レースに参加しているギルドが純レース会場に比べて少なく、
確保を狙う大手同盟・ギルドに制圧されることもしばしば。

【防衛→レース移行型】
防衛が行われていた砦において、その城主が落とされたあとにレースの流れになるタイプ。
本来なら防衛されていてもおかしくない砦がレース化している場合はこれに当たる。
基本的には防衛のしやすい砦で起こるため、すぐにレースを抑えられることが多い。

また、レースギルドのスタイルには以下のようなものがあります。

【大人数レーサー】
10人以上がレースに参加しており、アタッカー・妨害・支援といった役割が存在するレーサー。
多いと2PC含め20~30人ともなり、いざとなればちょっとした防衛や攻城もこなす。
ある同盟の一角が解散後、このスタイルとなる場合もある。

【EMCレーサー】
大人数レーサーの派形であり、上記のようなスタイルに加えてEMCを用いる。
前のターン(※1)落城から早い段階でエンペ周辺に着いたり、乱戦になったりした場合に効果がある。
制圧力が高い反面、ギルドマスターを早い段階で抑えられてしまうとブレイク率の低下も。

【分隊レーサー】
同じく大人数レーサーの派形で、人数を生かして別の砦にて落城数を稼ごうというもの。
参加者をいくつかのPTに分け本隊をほぼ確実に落とせる人数で1つの砦におき、
別働隊をその他のレース砦へと派遣する。
別働隊の働き次第では1つの砦で走るよりも多くの落城数を稼ぐことが出来るが、
反面それぞれの砦における人数は低下するので抑えられてしまうことも多い。

【少数レーサー】
レースに参加している人数が5人前後であるレーサー。妨害役がいないのも珍しくない。
大人数レーサーに比べて砦移動が早く、少数人数であることを生かした行動ができる。
反面1人にかかる役割も大きく、1人が抑えられると全員抑えられるということも。

【ソロレーサー】
アタッカー1人+2PCでの支援といった感じのレーサー。
人数が少ないため、大人数レーサーに比べアタッカーの強さがそのままブレイク率に繋がる。
回数を稼げるかどうかはアタッカーの動き次第。
また大人数レーサーに比べてGvG中の経費も多くかさむことも。

以上のように様々なタイプがあるわけです。
また、各職の役割というものも通常の攻城戦と違ったものがあります。

【アタッカー】
様々なスキルによって移動力や攻撃力の高いロードナイト。
EDP・ブースト・クリティカルを利用できてラグに強い(※2)アサシンクロス。
ペコ乗り以上の移動力を持って防御無視攻撃や自力付与が可能な拳聖。
ほとんどのレーサーは以上の職業が担当していることが多いです。
ギルドによっては他の職業もこの役割を担うことができるでしょう。
状況によってサポートや排除にも回りますが、基本的にはエンペ破壊が目的です。
なのでそれに沿った装備やスキルを使用することとなります。

【妨害】
基本的にはアタッカー・プリースト・ソウルリンカー以外の各職がこれを担当しています。
但し通常の攻城戦と違う点は『排除』ではなく『妨害』、つまり足止めが主な目的です。
妨害することによってアタッカーをよりよい状況でエンペに着かせて、
エンペを壊す確率をあげることが目的となっています。
当然障害になるような相手がいれば排除のほうが望ましい場合もありますが、
アタッカーが強いなら排除する必要がない場合もあります。

【支援】
基本的にはプリーストやソウルリンカーが担当します。
しかし人数が少ないレーサーにおいて支援に徹することのできる人が少ない場合があり、
モンクやチャンプもしくは2PCでの支援をする場合もあります。
プリーストの場合、通常時は支援を回すことになります。
しかし走っている最中となると妨害に回ることもあります。
またソウルリンカーの場合、多くは砦外での魂付与に徹しています。
しかしテコン系という利点を突いて、攻城戦のようにEMCを狙ってくる場合もあります。

ここにあげたことは、私が現在レースに参加している上でのおおよその役割です。
当然ギルドによっては別の役割を担っていることもあるでしょう。
スキルや動き方が明記されていませんが、それは次回以降に書くということで。

では今回はこの辺で(・ω・ノ

※1 ターン
前の城主のものであった砦が落城したら突入し、エンペを破壊するまでを1ターンと扱う。
これには裏表があり、レース会場となっている砦は基本的に両方のターンにレーサーがいる。
城主となったギルド(及び同盟)はエンペを叩けないため、砦前で待っていることが多い。
また、レースして分が悪いと思った場合や確保を見る場合は裏のターンに回ることもある。

※2 ラグに強い
ASPDで見た場合、多くの状況ではロードナイトや拳聖の方がアサシンクロスよりも早いが、
ラグによってそのASPDが100%発揮されない場合が多く、
それによってEDPなどによりアサシンクロスの方がエンペ破壊力が上回ることがあるため。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://saragvg.blog76.fc2.com/tb.php/37-05899fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。